RSS|archives|admin

光堂

2008.09.19 Fri
20080919-hiraizumi4.jpg
「おくのほそ道」を読んだおかげか、当地に赴くと同じような気分になってしまい、うまいこと書いてあるなとつくづく感心してしまう。光堂の記述はまったくのそのとおりで、覆堂だけが現代のものだけれでも、“千年の昔をしのぶ”橋渡しを十分に果たしている。


Category:stasta | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |