FC2ブログ

RSS|archives|admin

A-ISM

2008.05.09 Fri
20080509-amoa2.jpg
この美術館のレジビリティーの悪さには閉口してしまったが、空間構成によって帳消しにしているということであろう。美術作品を見ていて振り返ると、どこから入ってきたのかわからなくなる感覚はさすがに新鮮である。
「寺山修司劇場美術館」にはじまり「春のコレクション展」と、地域性が強く表れた重厚なライナップはどれもが異様なエネルギーを感じさせるものばかりで、その芸術が生まれた時代がまるごと冷凍保存されているようであった。


Category:art | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<お松明 | HOME | intro maze>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tspkr.blog100.fc2.com/tb.php/479-fa0edb59