FC2ブログ

RSS|archives|admin

エリセーエフの生涯

2011.02.20 Sun
elisseeff.jpg
ライシャワー博士やドナルド・キーンさんの著作を読み進めつつ、夏目漱石関連の本を見渡していくと、ある人物に遭遇することになる。セルゲイ・グリゴリエヴィッチ・エリセーエフ「西欧で最初のプロの日本学者」となった人物である。神田神保町の古書店街をアメリカ軍の爆撃目標から外させたという逸話のみならず、氏の華麗なる留学生活は、明治という時代背景と相まって私を魅了しました。ともすれば、聞き書きの登場人物であったところを「エリセーエフの生涯」というたった一冊の本になって後世に残ったという奇跡は、どういうわけか、その次(映像化)に期待が高まってしまうのである。

Category:stasta | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<東京マラソン | HOME | タイポグラフィー>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tspkr.blog100.fc2.com/tb.php/519-d9af82ec